人気ブログランキング |

2007年 09月 24日 ( 1 )

西宮砲台

「江戸の終わり、国防に不安を感じた江戸幕府は、
都を警護する要地にあたる大阪湾に砲台を築きました。
その工事はあしかけ4年間もかかっています。
土堤で囲った中央部に、松杭を千本以上も打ち込んだ基礎で、
カコウ岩の大岩を組み上げています。
本体には砲眼11個と窓1個が穿たれ、大砲で四方を狙うことが
できました。
実際には使われることなく明治時代を迎えました。」

らしいです(^^)丸写しで申し訳ないですアハハ。。

f0031038_20135887.jpg


★ 続きコチラ ★

by hiphop_funky | 2007-09-24 20:19 | 甲子園~今津周辺